【幼児の英語教育】「さわこの1日」のレビューとその後〜自宅での英語学習はディズニー英語システムに落ち着いた我が家では七田式の「さわこの1日」も聞かせていた〜

子供の英語教育はどうしよう?

今は日常的には英語を使う機会がない私ですが、一応アメリカの大学を卒業した私は「高校卒業までインターナショナルスクールに通わせられないならCDとDVDで十分」と考えています。

過去記事はこちら

【幼児の英語教育】アメリカの大学を卒業した私が高校卒業までインターナショナルスクールに通わせられないならCDとDVDで十分だと考える理由



今は、子供の自宅英語学習をディズニー英語システムにした私ですが、1歳から2歳までは七田式教育の「さわこの1日」その後、約1年間、英語のしまじろうも見せていました。

「さわこの1日」を聴かせていた事で、もしかしたら耳は英語の地盤ができてたのかな?!

とは、思うものの、

聞かせなかった子 vs 聞かせてた子

同じ子で試す事はできないから、効果は正直わかりませんが( ̄∀ ̄)



今日は七田式教育の「さわこの1日」の感想を書きたいと思います。

他の英語教育に関する記事はこちら

さわこの1日の特徴

会話形式の物語になっている

「さわこの1日」は、お母さんと子供の日常の1日を通した会話形式のCDです。

朝起きてから寝るまで、子供にとっても親にとっても身近な英語を聴く事ができます。

これ、親にとっても勉強になります!!笑

2倍速で聴ける

七田式の英語教材の特徴は

2倍速で聴ける

と言うことだと思います。


倍速で聴くと、右脳の能力を高めることができるらしいです。


3歳までは普通のスピードでいいらしいんだけど、私が飽きてきちゃったので、いつも2倍速で流してました。



よかったところ

◯◯しながら学習ができる

CDのいいところは、映像に惑わされず、何かをしながら英語の刺激を与えられるというところ。

DVDなどの映像を見せてしまうと、どうしても映像に気を取られてしまうから、他の遊びの手を止めてしまったり、ご飯を食べながらだと手と口が止まってしまう事がよくあります。

その点、CDだと、ご飯を食べながら、車に乗ってる時なんかに◯◯しながら学習ができます。

まぁ、これは、ディズニー英語システムでもCDが付いているので、いつも映像ではなく、CDを聞かせればいいという事になるんだけどね。

最近「マミー」と言われることがある

なんだか最近、

mommy!!

と言われます笑

マミーってどこで習得したのかな〜。

なんて思っていたら、もしかしたら「さわこの1日」で習得したのかもしれない。

親も子供との英語の日常会話の参考になる

英語がある程度話せる人でも、子供との英会話の経験がない人は、これってなんて言うんだろう、っていう事が多々あります。

会話はできるけど、赤ちゃんに話しかける時ってなんていうの?!とか。

まぁ、赤ちゃんに話しかけるのは「さわこの1日」では習得はできないんだけど、子供との日常会話は親も習得できます!!

なので、子供に英語で話しかけたりする時に役立ちます。

英語での話しかけは、最初の頃、ポカーンとしていたけど、最近はなんだかんだ反応があります!!

もしかしたら英語脳はできていたのかもしれない

我が家の自宅での英語学習は

さわこの1日 

(七田式教育7+イングリッシュ)



英語のしまじろう



ディズニー英語システム

です。

ずいぶん遠回りしています(´∀`; )

さーもん
さーもん

え、これ、最初からディズニー英語システムにしておけばよかったパターンじゃん笑

いやいや、そうだけどね笑


ディズニー英語システムを開始する前に英語脳が作られていたと思いたいです( ̄∀ ̄)

比較的リーズナブルに英語に触れさせられる

「さわこの1日」は¥11,000です。

ディズニー英語システムは高いから迷うなぁ〜

しまじろうも定期申し込みだし決められないなぁ。

なんて方には、いいかもしれないです。


子供の脳は日々成長していくだろうし、どうせ始めるなら1日でも早い方がいい気がするので、英語に少しでも触れさせたい!と思ったら、とりあえず、朝起きたら「さわこの1日」を聴かせる!

っていうのでいいかとは思います。

微妙だと思ったところ

子供も親も飽きてしまう

繰り返しが重要だと思うので、何度も聴かせます。

ワンパターンなので飽きます笑

丸々覚えさせたいですが、覚える前に親も子供も飽きてる気がしました。

サウンドがチープ

ほとんど音楽は出てこないのでいいのですが、ちょっとした効果音がチープなところが残念に感じました。

さわこの1日だけではアウトプットはできない

七田式教材で、毎月テーマが変わっていく、暗記系の掛け流しCDがあります。

そのCDの最後に、子育てワンポイントアドバイスというのがあるんだけど、そこでも、赤ちゃんの頃にいろいろな言語を聞かせておくと、将来子供が興味を持った時の吸収力が違う、と言うようなことを言ってました。

なのできっと、七田式の考えでは、自分が英語を勉強したいと思った時に有利なように、赤ちゃんのうちから英語を聞かせておきましょう。アウトプットは自分で英語を勉強するようになってから。

という考えなのかな、と私は解釈しています。

まぁ、私がそう思うから、勝手にそう思ってるだけかもしれないんだけど。

なので、さわこの1日だけではアウトプットまではできないと考えた方がいいと思います。


さわこヤダと言い出し、英語のしまじろうにシフトした

テレビでは映像が流れる、そして、ママが見せてくれるものにはDVDというものがあるという事を知った娘は、

さわこやーだ

ミニーがいい!

と言い出しました( ̄∀ ̄)


ディズニー英語システムのお試しDVDとしまじろうのお試しDVDがあったので。

DVDだと

食い付きが違う!

子供が興味を持ってみてくれる方が英語も吸収できるのかなー

と思い、ディズニー英語システムは高いし、英語のしまじろうも見せてみる事にしたのでした。

赤ちゃんの頃にはいいのかも

我が家の場合、今はディズニー英語システムにシフトしたので、さわこの1日を聴かせていたのは、3歳になる手前まででしたが、意味なくはなかった。


と思います。


というか、思いたい笑


です。


ディズニー英語システムは歌で英文法を全部頭に入れるのが基本。それと違い、「さわこの1日」は日常会話形式という特徴があります。

・英語の学習をさせたいけど、何をしたらいいかわからない。

・いきなり数十万の契約はできない。

と言う方が、とりあえず聞き流しさせてみる。




迷ってる時間ももったいないから、いい英語教材、英語学習方法(英会話教室やインターナショナルスクールとかね)を見つけるまでの繋ぎでもいいのかもしれないです。






では、また明日!







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA