【レシピ】お刺身は生野菜と一緒がおすすめ!ここにもアマニ油を入れちゃおう〜野菜がもりもり食べれるカルパッチョドレッシング

・子供がお刺身をたべれるようになった
・お魚と生野菜をいっぱい食べて欲しい!
・お刺身に合うドレッシングを探している

そんな方はぜひ作ってみてください。

上の子が1歳を過ぎたあたりから、我が家では七田式の通信教育をしています。

その七田式の無料メルマガで食学というものがあるのですが、その食学でも、お魚は生野菜と一緒に食べると血糖値が安定すると書いてあり、お刺身は生野菜と一緒にカルパッチョで食べるのがおすすめらしいです!

生の食材を食事に取り入れて、酵素をたくさん取り入れる食生活は、美容と健康に不可欠!

という事で、今回は、我が家の作り置きカルパッチョドレッシングのレシピをご紹介します。

カルパッチョドレッシング★レシピ

材料

A 醤油         大さじ2
A はちみつ       大さじ2
A マスタード      大さじ1
A アマニ油       大さじ2
A オリーブオイル    大さじ2         

B 好きな野菜(今回はべピースピナッチ、ベビーリーフ、ブロッコリースプラウト)

C 好きなお刺身(今回は2種類ですが、なんだったか忘れてしまいました)

※海藻としそはお刺身に付いていたものです。

アマニ油を採りやすく

アマニ油100%だと苦味が出て、子供は食べづらいので、オリーブオイルと半々に。

もちろん使う油はなんでもできちゃうけど、油はこだわりたい。しかも、非加熱の食材には極力アマニ油をとり入れていきたい。

作り方

簡潔に説明すると、A 全部まぜ、、好きな生野菜に好きなお刺身をのせて、A をかけて食べる、です。

↓細かく説明すると、

A を全部入れ、混ぜる。今回のレシピの量でこのくらいです。2〜3回は使えます!

盛り付ける

あれ、終わりだ笑

細かく説明する必要ありませんでしたwww

生牡蠣のカルパッチョもすっごく美味しかったです!

今回使った調味料はこちら

醤油

原材料:有機栽培大豆(遺伝子組換えでない)、小麦、食塩

シンプルな原材料で、きちんと遺伝子組換えでないと表示されている比較的リーズナブルなお醤油。


もちろん、もっと高くて美味しいお醤油もあるけど、最低限のポイントをおさえている普段使いできるお醤油です。

はちみつ

原材料:はちみつ(中国)

もちろん国産が安心なのですが、中国産でも工場を持ち、比較的安心できるはちみつなのかな、と思い、料理など、たくさん使う時にはこちらのはちみつを使っています。

マスタード

原材料:有機りんご酢、有機からし種、塩

マスタードって、こんなにシンプルな材料でできるんだ!前までは、必要のない添加物が入ってる商品を気づかず使っていた事にショックを受けました。

アマニ油

原材料:有機食用アマニ油

光を通さない容器でオーガニック、しかもリーズナブル!!

非加熱の料理にはどんどん使っていきたい。

オリーブオイル

原材料:食用オリーブ油

オリーブオイルならなんでも言い訳ではありません!!

本に載っているオリーブオイルの中で、比較的リーズナブルなこちらを我が家では常備しています。

ちょっと甘くする事で子供が食べやすく

甘いお菓子ばっかり与えるのはよくないと思うし、甘いお菓子にはだいたい添加物や、絶対摂りたくないショートニングやマーガリンが入っていることがほとんど。

そうゆう甘いものは与えたくないけど、食べて欲しい食材を食べやすくするために、少しはちみつを使ったりするのはいいかな、と思っています。

今回のレシピも少しはちみつを加えて、アマニ油がとりやすくなってます。

醤油わさび VS カルパッチョ

お刺身は醤油とわさびで食べたいんですけど….

えー、私はカルパッチョがいいんですけどーーー

というお刺身論争が毎回繰り広げられてます。

私は、子供が生野菜を食べやすくなるし、お刺身よりも品数を抑えられて一石二鳥なのでカルパッチョ派です。

お刺身がたくさんある時は、どうぞ、醤油とわさびで食べてください、と2〜3切れ取り分けますが(一家の大黒柱ですからね!!)だいたいは、まとめてカルパッチョですwww

ではまた明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA